第78回日本弱視斜視学会総会

会場発表者の方へ

発表機材と発表データ

  • PCセンターにてご提出いただいたデータを用いて、通常通りの口演発表を行います。
  • デジタルプレゼンテーション(1 面映写)でのみ発表が可能です。
  • スライド、ビデオでの発表はできません。
  • 音声の出力はできません。
  • 発表は演台上に設置されているモニターで確認しながら、前進・後退キーパッド・マウスにて各自の操作で進めてください。
  • 会場には、Windows、PowerPoint 2019、Full-HD1920 × 1080を準備いたします。発表データは以下の環境で動作可能なデータをご持参ください。
  • 新型コロナウイルス感染症対策として、アルコール消毒液をご用意しております。ご登壇時とご降壇時の手指の消毒にご協力をお願いします。

メディア持込の場合(Windowsのみ)

  1. 会場で使用するPCのOS はWindows10で、データ形式は、PowerPoint 2019 となります。発表データはWindows版PowerPoint 2019でご作成ください。Macintosh版PowerPointでの作成は、映像に支障をきたしますので、ご遠慮ください。なお、Macintosh をご希望の場合は、PC 本体を持ちこみいただければ、対応いたします。
  2. 発表用データを、CD-R またはUSB フラッシュメモリーに保存してお持ちください。また、保存いただく際には、発表データのファイル名は「(演題番号)(氏名)」としてください
  3. OS 標準フォントをご使用ください。
    • 【日本語】MS ゴシック、MSP ゴシック、MS 明朝、MSP 明朝、メイリオ、游ゴシック、游明朝
    • 【英 語】Times New Roman, Arial, Arial Black, Arial Narrow, Century, Century Gothic, Courier,Courier New, Georgia
    • MacintoshのOsakaフォントは文字ずれ・文字化けする場合がありますのでご注意ください。
  4. スライドサイズは、ワイド画面(16:9)を推奨します。(標準(4:3)も表示可能です。)
  5. 動画(PowerPoint のアニメーション機能除く)や音声は利用できません。動画データを使用の場合は、ご自身のPC をお持ちください。
  6. 発表データは、会場内のPC に一旦コピーさせていただきますが、本学会総会終了後に運営事務局が責任を持って消去いたします。
  7. 発表データ保存媒体の返却はPCセンタでの受付後に返却いたします。

PC本体持込の場合(Macintosh・Windows動画使用)

  1. PC(Macintosh・Windows の動画使用の場合)はご自身でご準備ください。
  2. お持込みいただきますPCはミニD-sub15pinまたはHDMIのモニター出力端子が必要となります。この端子が無いPCをお持込みいただく場合には、別途変換コネクタを必ずご用意ください。
  3. 動画ならびに画像の制限はありませんが、事前に再生できることをご確認ください。本体の液晶画面に動画ならびに画像が表示されても、実際に外部出力されない場合があります。発表データを作成されたPCとお持込みいただくPCが、別の場合はご注意ください。
  4. 音声の利用はできません。
  5. スクリーンセーバーならびに省電力設定は予め解除してください。
  6. 必ず電源ケーブルはお持ちください。バッテリーでのご発表はバッテリー切れとなることがあります。
  7. 会場にて用意したプロジェクターと接続ができない場合に備え、バックアップ用のデータ(CD-R又はUSBフラッシュメモリー)をご用意ください。
  8. 発表終了後のPC は会場内「PC オペレーター席」にて返却を行います。

主催事務局

国際医療福祉大学
保健医療学部 視機能療法学科
〒324-8501
栃木県大田原市北金丸2600-1

運営事務局

株式会社
インタープラン・コーポレーション内
〒150-0046
渋谷区松濤1-28-4 松濤六番館4階
FAX:03-3461-8181
E-mail:jasa2022@c.inter-plan.co.jp
※新型コロナウィルス感染症の感染防止徹底のため、運営事務局はテレワークを実施しております。
当面の間、原則E-mailでお問合せいただきますようお願いいたします。