第78回日本弱視斜視学会総会

講演規定

利益相反について

共催セミナーを含むすべての発表に関し、講演時の2 枚目のスライドにて、利益相反を公表してください。演者全員が利益相反公表基準に該当しない場合は、「利益相反公表基準に該当なし」と記載してください。該当ありの場合には、各演者名に続きカテゴリーと企業名〔ただし、カテゴリーP(特許権を有する、または申請中の場合)では企業名の記載は必要ありません〕を明示してください。

記載例:
  • 弱視太郎:【F】○○製薬、【I】▲▲工業
  • 弱視花子:【P】

なお、平成27 年10 月21 日に「日本眼科学会利益相反に関する基準」が改正され、当該の発表内容に関するか否かにかかわらず、過去3年間の利益相反を公表の対象とすることとなりました。

利益相反に関する詳細については、日本眼科学会ホームページ内の倫理委員会のページ「日本眼科学会利益相反に関する基準」にてご確認ください。

発表データのご提出について

  • 会場での発表、Zoomによるオンラインでの発表に関わらず、指定講演、講習会、一般口演の演者の方は、事前にデータ(音声付スライド動画)の提出をお願いいたします。
  • Power Pointに発表音声(ナレーション)を録音したものをMPEG4形式(拡張子「.mp4」)の動画で保存していただき、指定のアップロードサイトに保存していただきます。
  • 発表データの作成、登録方法は、「発表データ登録」ページをご確認ください。
発表データの受付期間
6月8日(水)23:59 締切

ご発表に際してのお願い

  1. 指定した発表時間に現地で参加もしくは、Zoomによるオンラインで参加ください。
  2. やむを得ない事情にて欠席される場合は、総会開催までに、運営事務局までメールにて欠席理由をご連絡ください。
  3. 直前や緊急の場合(交通事情、体調不良)は、運営本部(開催前に総会HPに記載します)あてにご連絡をお願いします。

発表方法

指定講演、講習会、一般口演

【会場発表】
  • 講演セッションの開始 60分前までに(午前最初のセッションは 30分前)、「PCセンター」にて、動作確認およびデータの提出を行ってください。
  • 現地会場での発表データ作成方法は、こちらからご確認ください
  • PCセンターでのデータ受付後、講演セッション開始の20分前までに会場内最前列左手「次演者席」での待機をお願いします。
  • 座長の指示のもと、発表を行ってください。
PCセンター:
  • 栃木県総合文化センター ホール棟 2F メインホールロビー
受付日時:
  • 6月17日(金)8:00〜17:40
  • 6月18日(土)7:45〜17:00
【遠隔(オンライン)発表】
  • 入室用のZoom URLは運営事務局より6月9日頃に別途メールでご連絡いたしますのでご確認ください。
  • 講演セッションの開始40分前にZoomへの入室をお願いします。オペレーターが音声、カメラチェックを行います。
  • ご発表時にスライド開始の合図を出していただき、オペレーターが音声付き発表データの再生を行います。
  • 再生終了後、座長の進行の下で行われる討論にZoomから参加してください。

講演時間

指定講演、講習会

別途ご連絡させていただきました内容をご参照ください。

一般口演

発表:
  • 7分(6分経過:予告ランプ、7分経過:終了ランプ)
討論:
  • 3分

発表・討論時間を含めて、1題 10分以内といたします。時間厳守でお願いいたします。

主催事務局

国際医療福祉大学
保健医療学部 視機能療法学科
〒324-8501
栃木県大田原市北金丸2600-1

運営事務局

株式会社
インタープラン・コーポレーション内
〒150-0046
渋谷区松濤1-28-4 松濤六番館4階
FAX:03-3461-8181
E-mail:jasa2022@c.inter-plan.co.jp
※新型コロナウィルス感染症の感染防止徹底のため、運営事務局はテレワークを実施しております。
当面の間、原則E-mailでお問合せいただきますようお願いいたします。